ライブ配信で稼ぐには?収益化の仕組みや収入例・稼ぐコツを紹介

「ライブ配信アプリを使って稼ぎたい」
「ライバーを職業としてやっていくには少し不安」
「実際に稼いでる人はどれくらいの収入があるの?」

ライブ配信アプリは、大学生のお小遣い稼ぎや、職業として本格的に収入を得たい方にも人気のアプリです。

しかし、ライブ配信アプリで稼いでいるライバーがどうやって収入を得ているのか、実際にはどれくらい稼げるのかという疑問を持つ方もいますよね。

そこで今回は、ライブ配信アプリの収益化の仕組みとライバーの収入例、ライブ配信で稼ぐコツをお伝えします。

これからライブ配信を始めようと考えている方にとって有益な記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

1.ライブ配信アプリの収益化の仕組み

ライブ配信アプリの収益化の仕組みは、大きく分けて以下の2つです。

・投げ銭システム
・時給に似たシステム

「投げ銭システム」とは、リスナーから金銭や課金アイテムをもらうことにより、ライバーが報酬を得るシステムです。ライバー側は投げ銭から手数料を引いた額を報酬として受け取ります。手数料はライブ配信アプリによって異なります。

「時給に似たシステム」とは、配信時間に応じて換金アイテムがもらえる仕組みです。ライバーのランクによって時給が変動したり、投げ銭の獲得量で時給が決まったりします。

どれくらい稼げるかは、ライブ配信アプリやライバーによって様々です。

2.ライブ配信で稼ぐライバーの収入はどれくらい?

では、実際にライブ配信で稼いでいるライバーはどれくらいの収入を得ているのでしょうか。
ここでは、ライブ配信アプリの、Pococha(ポコチャ)、17LIVE(イチナナ)での収入例を見ていきます。

2-1.Pococha(ポコチャ)の収入例

ライバー事務所「PRIME」に所属しているPocochaライバーは、トップの方で100万から300万円の収入を得ています。年収にすると1000万円以上は稼いでいることになります。

令和2年度の日本の平均年収は433万円となっていますので、トップライバーは職業全体で見ても高収入であることが分かります。

そして初心者が稼ぐならPocochaがおすすめです。

理由としては…

・投げ銭だけで稼ぐわけではない
・時給に近い仕組みも用意されている
・いきなりトップライバーと競わなくても良い

といったことが挙げられるので、初心者が稼ぐならPocochaがおすすめです。

Pocochaの収益の仕組みや稼ぎ方について詳しくはこちらの記事で紹介しています。

ポコチャは時給制で稼げる?収益の仕組みや収入例・稼ぐコツを紹介

2-2.17LIVE(イチナナ)の収入例

17LIVE(イチナナ)を運営している、株式会社17 Media Japanが2020年5月に行った17LIVEライバーの収入調査では、単月6万円以上の報酬を得ているライバーは8,430名、単月3万円を上回る報酬を得ているライバーは12,303名となっています。

3.ライブ配信で稼ぐコツ

それでは、具体的にライブ配信で稼ぐにはどうすればいいのでしょうか。
ライブ配信アプリによって稼ぎ方に違いはありますが、ここではどのライブ配信アプリでも共通して言える、「稼ぐコツ」を4つご紹介します!

3-1.定期的に継続して配信する

ライブ配信では、「定期的に継続して配信する」ことが大切です。
ライブ配信で安定した収入を稼ぐには、応援してくれるファンを増やすことが重要だからです。

定期的に配信すれば、ファンが増えやすくなります。可能であれば、毎日2、3時間配信するのが望ましいでしょう。

地道にコツコツと配信するのが、稼ぐためのコツということですね!

3-2.リスナーを巻き込む配信をする

リスナーを巻き込むようなライブ配信をすることも大切です。
ライブ配信では、リスナーからの投げ銭やコメントが報酬に繋がるからです。

そのためリスナーと企画を考えたり会話を盛り上げたりして、リスナーを巻き込むために工夫することが大切になってきます。

自分もリスナーも楽しめる配信づくりを心がけましょう!

3-3.投げ銭やアイテムへのリアクションをしっかり取る

リスナーが投げ銭やアイテムなどのアクションを起こしたら、リアクションをしっかり取ることも稼ぐためのコツです。

リスナーは、ライバーと交流するために配信を見に来ています。ライブ配信は人と人との繋がりで成り立っているので、リスナーとコミュニケーションを交わすことが重要です。

大げさにリアクションするくらいのほうが、相手に気持ちが伝わって良いかもしれませんね。

3-4.ライバー事務所に質問し、ノウハウやアドバイスを得る

より安定して収入を得るにはライバー事務所に所属して、ライブ配信のノウハウやアドバイスをもらうのがおすすめです。

安定して収入を得るには、ライブ配信の仕組みをきちんと理解することが大切だからです。

ライブ配信は気軽に始められるとはいえ、最初は分からないことも多く出てきます。
ライバー事務所からノウハウやアドバイスをもらうことで、一人でライバーとして活動するよりも効率よく稼げるようになる可能性が高まります。

ですのでライバー事務所に入ってきちんとしたサポートを受けることも、稼ぐためのコツといえます。

人気ライバー多数!ライブ配信で稼ぐならPRIMEにご相談ください

ここまでライブ配信アプリの収益化の仕組みや、ライバーの収入、ライブ配信で稼ぐコツをお伝えしてきました。

ライバーとして稼ぐには、きちんとライブ配信の収益化の仕組みを理解し、稼ぐためのノウハウを身につけることが大切です。
そして安定した収入を得るには、事務所に所属することが近道になります。

ライバー事務所PRIMEは多数のマネジメント実績があり、ライブ配信の正解を教えることができます。

ぜひトップライバーが多数所属しているPRIMEにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です