Pococha(ポコチャ)のランク制度とは?時給や上げ方のコツも解説

「Pococha(ポコチャ)のランク制度が難しい」
「複雑な用語があって、どうやって見たらいいのかわからない」
「ランクが上がらなくてつらい!」

Pococha(ポコチャ)で配信を始めたい方や、始めてみたけどランクの仕組みがわからずに活用するのが不安な方もいるでしょう。

この記事では、ランク制度の詳細と時給のような形で発生する報酬の仕組みを解説しています。 また、ライバー事務所の視点から、ランクアップするためのコツも紹介いたします!

ランク制度をしっかりと理解して、ぜひ今日から賢くランクアップを目指しましょう。

1.Pococha(ポコチャ)のランク制度

Pococha(ポコチャ)で配信するライバーには、それぞれランクが設定されています。 まずはランクの仕組みを詳しく見ていきましょう。

Pococha(ポコチャ)応援ランクとは

Pococha(ポコチャ)では「応援ランク」と呼ばれる制度を採用しています。
※実際に使用する場合には、シンプルに「ランク」や「ライバーランク」と呼ばれることもあります。

「応援ランク」は「E・D・C・B・A・S」の6つに区分けされており、登録時は全員がEランクからのスタートです。

また、各ランクはさらに細かく分かれています。

・Eランク:E1のみ
・D〜Aランク:それぞれ1~3の3段階
・Sランク:1〜6の6段階

ライバーはEランクからSランクになるのを目指して、日々の配信活動をおこなっていきます。

ランクアップはランクメーターで決まる

ライバーランクの変動はプロフィール画面に表示されている「ランクメーター」で決まります。

ランクメーターは、自分と同じランク・締め時間のライバーが獲得した「応援ポイント」と比べて表示される相対的な位置のことで、上位何%に入ったかによって -1~+2 まで変動します。
※締め時間についてはのちほど解説します。

日々のメーターの変動の合計が +3 になるとランクアップ、 -3 になるとランクダウンします。上図の右上にある「+2でランクアップ」の部分が次のランクまでの目安になります。

ただし、応援ポイントの算出方法は、多くの指標から複雑な計算式で求められるため、Pococha(ポコチャ)では公開していません。

<応援ポイントの計算式で利用される指標の一例>

・いいね数
・コメント数
・視聴数
・獲得したアイテム数
・応援している人数
・その応援が配信を開始してからどれくらいの期間で行われたか
・リスナーの中でその応援をしている人の割合
・その応援をしているリスナーの新規と既存の割合 など

参考:Pococha 困ったときは – なぜ応援ポイントの算出方法を明確にしてくれないんですか?

また、こまかく計算式を公開すると、数値だけを意識して配信をおこなうライバーが出てきてしまうこともPococha(ポコチャ)運営は懸念しています。 数値にとらわれると、リスナーとライバーの間に生まれる感動や特別な喜びも減ってしまうかもしれないからです。

せっかくのコミュニケーションも、お互いに数字だけを見ていたら目いっぱい楽しめませんよね。 そのため、Pococha(ポコチャ)では、応援ポイントの計算式を明確にしていないのです。

応援ポイントについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

Pococha(ポコチャ)の応援ポイントとは?ボーナスや応援ランクとの関係も解説

実はランクメーターで一喜一憂しないことがポイント

ランクメーターをチェックするのはとても大切ではあるものの、メーターだけに振り回される必要はありません。そもそもメーターは、ほかのライバーの影響も受ける相対的なものですので、変動も激しいです。

ライブ配信をダイエットで例えるなら、メーターは「体重」にあたります。
頑張って運動をしたり食事の量を減らしても、その日の体重が増える時があるのと同じように、配信を頑張ったからといってメーターがプラスになるとは限りません。ダイエットで体重を減らしていくためには、筋肉をつけて、1日の消費カロリーを増やしていくことが効果的です。

ライブ配信にも筋肉が必要です。
PRIMEの所属ライバーには、その「筋肉」にあたるものはなにか何か、をマネージャーからお伝えしています!

締め時間とランク変動の反映タイミング

ランク変動には、ほかのライバーが同じランクかどうかに加えて、締め時間も関わっています。
締め時間とは、各ライバーが定める「1日の区切り設定」のことです。

設定は、「24時・22時・13時」から選べます。
※初期設定は24時で、翌月分から変更が可能。

締め時間のタイミングで獲得した応援ポイントによって、ランクメーターに表示される「ランク増減の数値」が決まります。

<締め時間と数値反映のタイミング>

・13時:当日の17:30以降
・22時・24時:翌日の4:30以降

また、締め時間の直前はリスナーからアイテムを獲得しやすいため、締め時間の直前に配信をおこなうライバーも多くいます。

締め時間をどこに設定するかは、自分の生活リズムだけでなく、メーターの数値変動が激しいかどうかも考えて決めるのがよいでしょう。

ランクが上がるとおしのび配信やご新規配信ができる

応援ランクが上がると、Pococha(ポコチャ)のトップに表示されやすくなる配信ができるようになります。
トップに表示されやすくなる配信としては「ご新規さん歓迎配信」や「おしのび配信」が挙げられるでしょう。

  • ご新規さん歓迎配信
    Pococha(ポコチャ)を始めたばかりのリスナーにのみ配信できる。Cランク以上で可能。
  • おしのび配信
    視聴が可能なリスナー※にのみ配信できる。Bランク以上で可能。

    ※そのライバーの配信に対して、先月と今月の合計視聴時間が5時間に満たないユーザーもしくはライバーが招待したファミリーのアシスタント

これらの配信ができると、多くのリスナーを獲得しやすくなるのです。

また、上位ランクになると、テレビCMなどの広告やメディア・イベントにも出演できる可能性があります!

応援ランクとレベルの違い

応援ランクとは別に、各ユーザーには「レベル」も表示されます。
レベルは、配信・視聴の両方でおこなった行動に対して設定される「経験値」のことです。

また、レベルには背景色があり、応援ランクの位置づけによって色が変わります。

<レベルと応援ランクの設定>

・デビュー:応援ランクE1〜 D3 → 緑
・ルーキー:応援ランク C1〜 C3 → 青
・ホープ:応援ランクB1〜A2 → ピンク
・ランカー:応援ランクA3以上 → 赤

2.Pococha(ポコチャ)の応援ランクと報酬

Pococha 困ったときは – 時間ダイヤ

では、ここからはライバーの応援ランクと報酬との関係を見ていきましょう。

応援ランクによって時給(時間ダイヤ)が変わる

応援ランクが上がると、1時間あたりに獲得できる「時間ダイヤ」の数が変わります。
時間ダイヤは「時給のようなもの」と考えるとわかりやすいでしょう。

ランクごとの時間ダイヤは、こちらをご覧ください。

各ランクには、ランクに応じたブロック別ランキングがあり、順位が高いとさらに多くの時間ダイヤを獲得できる仕組みです。
※1位は通常の3倍、2位・3位は通常の2倍。

ただし、時間ダイヤを獲得できる配信時間には、上限があります。

<時間ダイヤ獲得の上限>

・1日4時間まで
・1週間あたり19時間まで
・1ヶ月75時間まで

月が変わると、1週間・1カ月のカウントはリセットされて、また0から計測されます。

PRIME所属ライバーのPocochaランク別平均月収

PRIME所属ライバーのPococha内ランクと配信頻度の目安

PRIME所属のライバーは、どこにも所属せず個人で活動しているライバーよりも早く報酬を獲得できています。

Pococha(ポコチャ)全体の平均として、Cランクまでの到達日数はおよそ1カ月。報酬は月額約5〜10万円です。
上位のSランクなら、必要日数は5カ月程度、平均報酬額は月額およそ80万円でしょう。
平均と比べてみると、PRIME所属のライバーのほうが早く目標ランクに到達でき、報酬を獲得できているとわかります。

短い期間でランクアップを目指すなら、ぜひPRIME事務所への所属をご検討ください。

PRIME所属ライバー募集ページ

3.Pococha(ポコチャ)のランクアップのコツ

最後に、Pococha(ポコチャ)のライバーとしてランクアップしていくためのコツを4つ紹介します。
ぜひ今日から活用してみてください!

締め時間をまたぐ配信で課金アイテムをもらう

締め時間の直前は、リスナーから課金アイテムを獲得しやすいという特長があります。その背景には、ファンになってくれたリスナーが、推しのライバーを少しでも上位にしてあげたいと感じる「応援したい気持ち」があるのです。
そのため、配信もリスナーがアイテムを投げやすい「締め時間の直前」におこなうのがよいでしょう。

ただし、3つの締め時間のうち「13時」は配信するライバーが少なく、毎日のメーター変動が激しいため、精神的に「しんどいな」と感じるケースもあるかもしれません。
PRIMEでは、可能であれば、ほか2つの締め時間で配信することを推奨しています。

おやすみチケットを活用してメーターのマイナスを防ぐ

ライバーが配信をしなかった場合には、ランクメーターが下がってしまいます。 そんなときには「おやすみチケット」というアイテムを使うと、メーターを下げずに配信をお休みできるのです。

おやすみチケットは月初に2枚・週に2枚配布されますので、1カ月のうちおよそ10日間はプライベートのお休みも確保できます。配信を頑張りすぎて体調を崩してしまうことのないよう、Pococha(ポコチャ)ではライバーに配慮しているのですね。

ただし、突然の体調不良や外せない急用などが発生することもあります。PRIMEでは不測の事態に備え、おやすみチケットをなるべく使い切らずに取っておくことをおすすめしています。

応援ランクDではメーターリセットを活用できる

また、応援ランクD1・D2・D3のライバーは、ランクメーターがマイナスの数値だった場合に、回復できるシステムが用意されています。

メーターがマイナスの状態でも、その後上位をとればマイナスはリセットされて「0」になるのです。
たとえば「-2」だった場合には、その日「+2」を獲得する配信ができれば、カウントは「0」ではなくそのまま「+2」にしてもらえます。

ランクがDで、配信を休みがちになってきた場合には、メーターリセットを活用してメリハリのある配信活動を進めるのもひとつの手です。

ライバー事務所のマネージャーに相談する

そして、なかには、個人の力だけではランクアップできず行き詰まってしまう方も多くいます。
そこで、配信がつらくなる前にライバー事務所に所属して、マネージャーからアドバイスを受ける方法へ切り替えるのもおすすめです。

PRIMEでは、累計約5,000人のライバーデータを元に、ひとりひとりに合わせた的確なアドバイスをおこなっております。
記事では伝えきれないさらに詳しいテクニックも、惜しみなくライバーへ共有していますので、お気軽にご相談ください!

Pococha(ポコチャ)のランクについてまとめ

Pococha(ポコチャ)の応援ランクを上げるのは、最初はなかなか難しいかもしれません。
しかし、仕組みやテクニックを理解できると、徐々にランクアップしていけるでしょう。

もし「配信してみたいけど、ひとりでするのはこわい」「苦手なタイプのリスナーに絡まれたらどうしよう」と不安があるなら、ライバー事務所へ所属してみるのもおすすめです。しっかりとサポートを受けてから、はじめての配信にチャレンジできますよ。

Pococha(ポコチャ)をより深く知って、楽しくランクアップを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です