Pococha(ポコチャ)のロイヤルチャージとは?割引率・やり方も解説

「Pocochaのロイヤルチャージはできる人が制限されているって本当?」
「ロイヤルチャージは普通の課金と何が違うの?」
「ロイヤルチャージを使う方法が知りたい」

Pocochaで応援したいライバーが見つかると、たくさん課金して支えてあげたくなる人も多いはず。

リスナーランキングで上位に入りたい方はもちろん、ライバーとして活動している人でも枠まわりの際には課金する場面があるでしょう。

そこで、活用したいのが「ロイヤルチャージ」と呼ばれる課金制度です。
本記事では、ロイヤルチャージの概要や条件、割引率について詳細にお伝えします。

また、知っておきたい注意点も載せておりますので、実際にロイヤルチャージを始める前にしっかりとチェックしておきましょう。

1.Pococha(ポコチャ)のロイヤルチャージとは

Pocochaには、「アプリ経由」と「ウェブ経由」で課金する2つの方法があります。どちらも、Pococha内で使用するコインを購入できるものです。

そして、2つのうちウェブ経由で購入する方法を「ロイヤルチャージ」と呼びます。
ロイヤルチャージはすべてのユーザーが利用できるわけではなく、一定の条件をクリアしている人だけが利用できる機能です。

また、アプリ経由の課金よりもお得にコインを購入できたり、20,000・50,000・100,000コインといった高額コインを購入できたりする特典もあります。
※アプリ版で購入できる最高額は、10,000コインです。

2.Pococha(ポコチャ)のロイヤルチャージを利用するための条件

ロイヤルチャージを利用できる人の条件はこちらです。

  • Pococha内のレベルが20以上
  • 規約違反・アカウント停止の経験がない
  • 18歳以上(※アプリ経由の課金も同様)

レベル20以上であっても、過去に一度でも規約違反をしていた場合にはロイヤルチャージが認められません。反対に、優良ユーザーでもレベルが20未満なら、同じく利用できません。

すべてを満たすと、ウェブ版のPocochaから課金できる権利が得られます。

3.Pococha(ポコチャ)のロイヤルチャージはどれくらいお得?価格・割引率

ロイヤルチャージを利用する条件を見ると、ある程度経験を積んでいるユーザーしか認められないとわかりました。
しかし、ロイヤルチャージにはその経験を積むほどの利点があります。

実際にアプリ経由の課金とロイヤルチャージでは、どのくらいお得になるのか違いを見てみましょう。

以下の表は、コイン数とアプリ・ロイヤルチャージの課金額・割引率を示したものです。

コイン数アプリ内課金ロイヤルチャージ
(Web版)
ロイヤルチャージ
割引率
111コイン120円110円約8%
333コイン370円340円約8%
555コイン610円560円約8%
1,111コイン1,220円1,070円約12%
3,333コイン3,680円3,200円約13%
5,555コイン6,100円5,300円約13%
10,000コイン11,000円8,800円約20%
表:Pococha(ポコチャ)コイン数とアプリ・ロイヤルチャージの課金額・割引率比較

金額が上がれば上がるほど、割引率も高くなるとわかります。

コインをまとめて購入したい方にとっては、ロイヤルチャージで課金したほうがとてもお得だと言えるでしょう。

4.Pococha(ポコチャ)のロイヤルチャージのやり方

では、実際にロイヤルチャージする方法を見てみましょう。

スマホしか持っていない方でも、ウェブ版のPocochaは利用できますのでご安心ください。

4-1.ロイヤルチャージの手順

まずは、パソコンまたはスマホでPocochaのウェブ版にアクセスします。

TOPにある「ロイヤルチャージ(Web課金)はこちら」をタップ
アカウントにログインする
コインを選択する画面に変わったら、希望の金額を選ぶ
決済する

スマホでもパソコンでも操作方法は同じですので、ご自分の環境に合わせて都合のよい方法で利用してください。

4-2.ロイヤルチャージの支払い方法

ロイヤルチャージの決済方法は「クレジットカード決済」「コンビニ決済」のみです。

クレジットカードには、プリペイドタイプや即日引き落としのデビットカードも含まれています。

以下の主要なカードブランド、コンビニで決済が可能です。

<利用可能なクレジットカードのブランド一覧>

・VISA
・MasterCard
・JCB
・AMEX
・Discover Card

<コンビニ決済>

・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ
・セイコーマート

ただし、一部のカードやコンビニでは利用できません。

また、カード払いの際には、カード情報の登録とセキュリティコードの入力が必要です。

コンビニ決済の場合は、店頭端末から操作してレジで支払いをします。

2021年10月からはいずれの決済方法でも、支払い選択画面で「同意」にチェックを入れる操作が必須となりましたので、こちらも忘れないようにしましょう。

5.Pococha(ポコチャ)のロイヤルチャージをする際の注意点

最後に、Pocochaでロイヤルチャージをする際に覚えておきたい注意点を解説します。

決済する前によく確認しておきましょう。

5-1.コイン購入金額には限度額が設定されている

Pocochaでは、ユーザーの保護を目的として課金限度額が設定されています。
ライバーを応援したい気持ちが大きくなりすぎて、破産しないようにするためですね。

具体的には、前月までの課金額によって当月の課金上限が変動する仕組みです。

<Pocochaの課金限度額>

・前月までの月額が5万円未満:当月は10万円まで
・前月までの月額が30万円未満:当月は50万円まで自分で設定が可能
・前月までの月額が30万円以上:上限なしで設定が可能

課金限度額は、アプリ経由でもロイヤルチャージでも同じです。

また、その月の購入限度額は、毎月1日の午前4時ごろに反映されます。
はじめてPocochaで課金する場合は、10万円までしか利用できませんので覚えておきましょう。

そして、ユーザーが未成年の場合にはさらに厳しい制限があります。

<未成年の限度額>

・〜17歳:利用不可
・18歳・19歳:課金上限1万円まで(月額)

ロイヤルチャージの条件を満たしていても、未成年だと1万円以上は課金できません。

5-2.カードによっては決済できない場合がある

ロイヤルチャージは、クレジット・プリペイド・デビットカードで決済が可能ですが、一部のカードには対応していません。

先に紹介した「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMEX」「Discover Card」以外のクレジットカードは利用できませんので、注意しましょう。

プリペイドタイプのカードは利用できるものが多岐にわたります。

  • 三井住友VISAカード
  • ANA系列のプリペイドカード
  • dカード
  • au WALLETカード
  • LINE Payカード など

Paygent対応のものであれば、使えるケースが多いでしょう。

ただし、主要なカードブランドではないものを保有している方は、使えない可能性があります。万が一に備えて、課金に使えるカードを複数枚用意しておいたほうが安心かもしれません。

5-3.過去に規約に違反したユーザーは利用できない

そして、ロイヤルチャージの利用条件にもあった規約違反の有無についてです。

過去に一度でも違反していると、現在は優良ユーザーであっても利用が全く認められません。アカウント停止経験がある方も同様です。

また、今後もしアカウント停止などがあった場合も、利用権利を失ってしまいます。ロイヤルチャージを利用したいときには、新しいアカウントを作って1からレベル上げをしていく必要があるでしょう。

お得に課金するためにも、規約違反をせず健全なライブ配信・視聴を意識していくことが大切です。

Pococha(ポコチャ)のロイヤルチャージについてまとめ

Pocochaのロイヤルチャージについて、利用条件や割引率、使用方法をお伝えしました。

条件に当てはまっていて課金する予定があるなら、ウェブ経由のロイヤルチャージを利用しない手はありません。
まとめてコインを購入したほうが割引率も上がりますので、おすすめです。

ただし、上限額があるとは言え、課金しすぎて破産する人も少なくありません。

熱心に応援したいライバーに出会うと、自分の収入状況にかかわらずお金をつぎ込んでしまうかもしれません。収支のバランスを保って、お得に課金する方法を合わせて身につけていけるとよいですね。

「自力で課金管理をするのが苦手」「もっと稼いで課金したい」と感じる方は、事務所に所属して無理なくお金を回す方法を学ぶのもおすすめです。

事務所マネージャーは、ライバーが効率よく稼ぐ方法を知っています。

弊社PRIMEでも、多くのライバーをサポートして成果を出しています。
ロイヤルチャージに関すること以外でも大丈夫ですので、もし興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です