月収20万以上も夢じゃない!高収入を稼げるおすすめ在宅ワーク6選

近年「在宅ワーク」が、幅広い世代から注目を浴びているのをご存知ですか?
在宅ワークの大きな魅力は、自宅にいながら自由度が高く仕事ができる点です。

本記事では高収入を得るための、おすすめの在宅ワークについて詳しく解説します。
在宅ワークにどのような種類があるのかを知りたい人や、高収入を目指す人はぜひ参考にしてください。

1.在宅ワークで20万以上稼ぐ人はどれくらいいる?

在宅ワークは、いったいどれくらいの収入が見込めるのでしょうか。

厚生労働省の「在宅ワークの実態」によると、在宅ワークにおける平均的な月収(1ヶ月あたりの手取り)は以下の通りです。

  • 20万円未満:64.2%
  • 20~29万円:13.7%
  • 30万円以上:22.3%

参考:在宅ワークの実態 – 厚生労働省

月収20万円以上稼いでいる人は、なんと36.0%に上ります。

逆にみると、6割以上が月収20万円以下と回答しています。
これは在宅ワークを本業としているか、副業としているかという違いも関係しているかもしれません。

2.月収20万円以上の高収入を稼げるおすすめ在宅ワーク6選

在宅ワークにおける報酬は、仕事の内容や案件の難易度により大きく左右されます。自身が持つ適性やスキルに合った在宅ワークを選びましょう。

月収20万円以上も夢ではない、高収入が見込めるおすすめの在宅ワークを紹介します。

Webサイト制作・デザイン

主にWebサイト制作を行うWebデザイナーは、比較的高い収入を得られる在宅ワークの一つです。

具体的にはWebサイト制作にあたって企画や構成、ラフの作成をしたり、Photoshopを使用してデザインをしたりします。また「コーディング」というプログラムの記述や、文字・画像・音声などのデータをコードに置き換えて符号化する作業も行います。

Webデザイナーの平均月収は、約30万円前後となっています。
単価は1つのサイト制作で約30~70万円が相場となっており、所要期間の目安は2~3ヶ月です。作業内容によって、単価は大きく異なります。

Webデザイナーを目指す場合は、プログラミング言語の習得やデザインセンスの向上に努めましょう。またクライアントの要望をWebサイトへ正確に取り入れるには、コミュニケーション能力が必要不可欠です。

高収入が期待できる分、専門的な知識が欠かせませんが、いずれも一度身につければずっと使えるスキルです。

厚生労働省の「在宅ワークの実態」によると、在宅ワーカーに発注する可能性がある仕事内容の1位に「Webサイト作成」が位置しており、Webデザイナーの需要が高いことがわかります。

Web業界はさらに市場が拡大する可能性を秘めており、今後も安定して高収入を得られる在宅ワークの一つです。

アフィリエイト

アフィリエイト(成功報酬型広告)は、自身が運営するブログなどに企業の広告を掲載し、閲覧した人が会員登録や商品購入をすることで報酬を得られる仕組みです。いかに自身のWebサイトのアクセス数を増やし、広告収入につなげるかがカギとなります。

アフィリエイトは自身のペースで進められるため、クライアントとのやり取りや案件の獲得が苦手な人に適しています。一件あたりの報酬単価はピンキリですが、軌道に乗れば月収100万円以上を期待できる夢のある在宅ワークです。

しかし近年は競合性が高くなっており、新規参入は容易ではありません。一次情報や権威性などで他のサイトと差別化する取り組みや、Google検索アルゴリズムのアップデート情報を定期的にチェックして対応することが必要不可欠です。

Webライター

Webライターは、その名の通りWebサイト上の文章を書くことが主な仕事です。出来高制なので、いかに高単価で多くの案件をこなすかという点がカギとなります。

初月から月収20万円を稼ぐのは容易ではありませんが、スキルアップすれば年収500万円も視野に入れられる在宅ワークです。

Webライターになるにあたって、特別な資格は必要ありません。しかし文章力やSEO(検索エンジン最適化)に関する知識があればあるほど、高単価を狙えます。

未経験で始める場合は、まず低い単価の案件を複数こなして経験と実績を重ねるのがおすすめです。クラウドソーシングサイトにはWebライター募集の案件が数多く掲載されており、初心者でも採用してもらえることがあります。

文字単価は0.5~1円からスタートし、将来的に2~5円を目指しましょう。

コールセンター

在宅コールセンターは、在宅ワーク初心者でも高収入を狙える仕事です。主に企業への営業の電話や、アンケートの回収などを行います。

基本的に研修を経てから業務に就くため、ほとんどの場合未経験でもスタートできます。特別な資格やスキルがなくても始められる上に、学歴や年齢も問われない点が大きなメリットです。

実績に応じたインセンティブがもらえる場合もあり、やる気が収入につながります。

YouTuber

YouTuberは、YouTubeに動画を投稿して広告料を得る仕事です。料理の様子やルーティン動画、ペットの動画などコンテンツの内容は多岐にわたります。

工夫次第でいろいろな発信ができるため、顔出しに抵抗がある人や未経験の人でもできる在宅ワークです。

ただしYouTubeで広告収入を得るためには、次の条件をすべて満たさなければなりません。

  1. 18歳以上である
  2. 直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上である
  3. チャンネル登録者数が1000人以上である
  4. 広告掲載に適したコンテンツである

ただ動画を投稿し続けるだけでは収入にならないため、上記の項目を満たすための取り組みが必要です。

収益化までの道のりが長く、実際のところは挫折する人も少なくありません。
またここ数年で芸能人が多く参入しており、コンテンツにかなりの工夫がなければ埋もれてしまう点がネックです。

ライブ配信(ライバー)

これまで紹介した在宅ワークは高収入が期待できるものの、最低限の知識やスキルを必要とする仕事がほとんどです。また未経験で始められる仕事でも、高い収入を得るまでに長い時間がかかります。

  • 特別な資格やスキルを必要としない
  • 未経験で始められる
  • 早期に高収入が期待できる

これらの条件をすべて満たすのが、ライバーになってライブ配信を行うことです!
もちろん家にいながらできる在宅ワークで、スマホ1つで始められます。

3.ライブ配信の在宅ワークはどれくらい稼げる?PRIMEライバーの月収例

ライブ配信アプリを利用したことがない人は、YouTubeと混同してしまうかもしれません。しかし生配信かどうかといった仕組みや報酬体系が大きく異なります。

ライブ配信アプリ「Pococha」を例に挙げてお話しします。
PocochaにはライバーにS~Eまでのランクがあり、Aランクに達すると月収20万円が見えてきます。

「Aランクになるまでにどれくらいかかるのか」が気になると思いますが、やり方次第で5ヶ月程度でAランクへの到達が可能です。

さらにライバー事務所PRIMEに所属するライバーの中には、なんと2ヶ月で平均月収約20万円を実現した人がいます。高収入を稼ぐためのノウハウや支援をいかに受けるかという点が、月収20万円到達への近道です。

ライブ配信で月収20万円以上を目指すならPRIMEにご相談ください

ライブ配信は、経験やスキルの有無に関わらず高収入を狙えることがわかりました。

しかし初心者の場合、右も左もわからない状態で始めることに大きな不安がありますよね。リスナー数が伸び悩んだりトラブルに巻き込まれたりすると、モチベーションが維持できなくなる恐れがあります。

そのような不安を解消するためには、ライバー事務所に所属するのがおすすめです。PRIMEの場合はライバー一人ひとりに専属のマネージャーがつくので、ライブ配信に関して不明な点や相談があるとき気軽に相談できます。

また、配信内容やライバーとのコミュニケーションに関するトラブルなどが起きたときもマネージャーに相談できます。フリーライバーのように、トラブルの解決を自分自身だけで背負わなくて済むということです。

ライバー事務所に所属することは、未経験でライブ配信を始める人にとって良いことばかりです。ライブ配信で月収20万円以上を目指す人は、PRIMEへの所属を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です