主婦におすすめの安全な在宅ワーク11選!初心者向けに選び方も紹介

近年は、在宅ワークとして家の中で働くことが身近になってきました。
主婦の方でも、家事の合間に働いて収入を得られると話題です。

しかし、実際のところ、主婦の方は在宅ワークでどんなことをしているのでしょうか?
なかには「在宅ワークって怪しい仕事も多いのでは?」と不安を感じる方もいるかもしれませんね。

そこで本記事では、在宅ワークを始めたい主婦の方におすすめの「安全な仕事」を11種類紹介いたします。

在宅ワーク未経験の初心者でも始めやすいものばかりですので、興味のあるものから始めてみてださいね。

1.主婦が在宅ワークをするメリット・デメリット

主婦が在宅ワークをするうえでは、メリット・デメリットもあります。

まずは、良い点と悪い点を知って、自分は在宅ワークをすべきかどうかをチェックしてみてください。

1-1.主婦が在宅ワークをするメリット

主婦の在宅ワークには、複数のメリットがあります。

  • 家事や育児・介護などと並行して働けるので自由度が高い
  • 在宅ワークで得た収入は、家計の足しや自分のおこづかいとして利用できる
  • スマホやパソコンがあればできる仕事が多い
  • 働くことの充実感や達成感、社会とのつながりを感じられる

主婦は、子どもや介護している家族の問題で、急な予定変更を強いられがちです。

きっちりとシフトが決まっているパートやフルタイムの勤務だと、意図せず欠勤や早退を発生させてしまうこともあります。そのため、職場の同僚や上司にも迷惑をかけてしまう不安が常につきまといますよね。

しかし、在宅ワークは、家族の状態や都合に合わせて働く時間を調整できますし、出社も不要でちょっとした家事の合間でも働けるのが魅力的です。

また、自分が対応できる仕事だけを選べるのも、在宅ワークならではのメリットです。

近年は、在宅ワークを全国の企業が推進しているため、誰にでもできる業務は外部に委託することが増えてきました。そうすると、育児などでしばらく働いていなかった主婦の方でも、すぐに力になれる仕事が世の中に多く出回ります。

特別な資格や知識がなくても、取り組める仕事が見つかりやすい状況とも言えるでしょう。家にいながら社会と関わりながら働けるのは充実感も得られますし、自分の力で稼いだお金を自由に使えたら、人生の満足度も向上しそうです。

1-2.主婦が在宅ワークをするデメリット

一方で、デメリットも少なからずあります。

  • 対面の関わりが少なく寂しい
  • 仕事の進捗や勤務時間をうまく調整しないと家庭に影響が出る
  • 初心者には単価の低い仕事も多い

在宅ワークの多くが、オンライン上で完結します。

仕事相手とのやり取りはメールやチャットが一般的で、ビデオ通話もそう多くはないでしょう。そのため、人と接する機会が減ってしまい、コミュニケーション不足を感じてしまう可能性も。

また、これまでは趣味などに使っていた時間が働く時間に変わるため、以前よりも忙しい生活が待っているかもしれません。

基本的に在宅ワークは、仕事のスケジュール管理や進捗を自分ひとりで行います。1時間で終わる予定だった仕事が、3時間もかかってしまったとなれば、その分家事や育児にもしわ寄せがくるでしょう。

そして、在宅ワークは仕事をもらうために自分で営業しなくてはなりません。会社員と違って、待っていても仕事はもらえません。
自分で仕事先を探し、直接やり取りをして、終わったら報酬を受け取ります。

安定して仕事を受注し報酬を増やすには、ビジネスマナーが必要であったり、仕事先や業務内容の見極め力が求められたりするでしょう。

2.初心者向けの主婦の在宅ワークの選び方

初心者や主婦の方でもできる仕事は数多くあります。
しかし、実際にはどのようにして選べばよいのでしょうか。

ここでは、初心者や主婦の方が在宅ワークを選ぶときのポイントを解説します。

2-1.時間や場所の自由度が高い在宅ワークを選ぶ

在宅ワークといっても、毎月の勤務時間や日数が定められていたり、外出を求められたりする仕事も存在しています。
そのため、自分はどこまで対応できるのかを事前に決めておき、なるべく生活への負担が少ない在宅ワークを選ぶのがよいでしょう。

働く時間帯や場所を、その日の予定に合わせて自由に決められる仕事が、忙しい主婦の方には特におすすめです。

2-2.納期に余裕がある在宅ワークを選ぶ

自分では対応できると思って引き受けた仕事でも、家族の都合でスケジュールが間に合わないケースもあります。あるいは、事前に夜間の作業はしないと決めていたとしても、仕事が終わらなかったら、睡眠時間や家族との時間を削って、作業する必要が出てきます。

そうなれば、睡眠不足や疲労などで体調にも変化が現れてくるでしょう。

主婦の方は、家事や育児によってまとまった作業時間を確保するのも難しいはずです。お子さんがいてまだ小さいなら、1日の作業時間は目一杯取れても数時間程度かもしれません。

そのため、限られた時間内でギリギリこなせる仕事ではなく、締め切りや納期に余裕を持って取り組める仕事を選ぶのが賢明です。
スケジュールに余裕があれば、急な予定変更にも対処でき、心も穏やかに働けます。

3.主婦におすすめの安全な在宅ワーク11選

ここからは、主婦の方におすすめな在宅ワークを具体的に見てみます。

在宅ワークが未経験の方でも始められる安全な仕事を11種類紹介いたします。

3-1.スキマ時間で地道にコツコツ進められる在宅ワーク

まずは、家事や育児の合間の短いスキマ時間を使って始められるかんたんな在宅ワークです。

いずれもパソコン・スマホがあればすぐに作業できます。

アンケートモニター

アンケートモニターは、企業が指定するサービスや商品について、アンケートに回答し報酬をもらう仕事です。実際に商品を試した感想を伝えるものから、自分自身について答えるものまで、アンケートの種類は多岐にわたります。

報酬は、現金でもらえる場合と、アンケートサイト独自のポイントでもらえる場合があり、ある程度の金額になると、銀行振り込みやギフト券などへの交換が可能です。単価が低いため、稼ぐまでに時間はかかりますが、コツコツと数分のスキマ時間を活用したい人にはぴったりと言えます。

また、企業がアンケート調査を実施していれば、気になっていた商品も無料で試せますので、生活費の節約にもなるでしょう。

特別なスキルがなくてもできるため、主婦の方には始めやすい仕事です。

データ入力

基礎的なタイピングスキルなどがあるなら、データ入力もおすすめです。
アンケート結果をデータとして転記したり、企業のデータを数値入力したりする仕事があります。

近年では、通販サイトやフリマサイトなどへ出品代行する仕事も多く見られます。出品代行は、価格やサイズなどの商品情報を調べて、サイトに登録していく作業です。

仕事内容を問わず、データ入力の単価は1つの案件につき数百円〜数千円程度と、低めな報酬となっていることが多いでしょう。

それでも、タイピングやエクセルシートの扱いに慣れている方なら、短い時間で多くの作業をこなせて、即戦力として活躍できます。

3-2.書くことが得意な人向けの在宅ワーク

文章を書くことに抵抗がない、もしくは、趣味でブログなどを書いている方におすすめな仕事もあります。

2つの代表的な仕事を見てみましょう。

Webライター

Webライターは、ネット上に載せる文章を執筆代行する仕事です。
企業から指定された内容について、こまかく調べてわかりやすい文章で1つの記事にまとめるなどの作業が多いでしょう。

報酬は、文字単価や記事単価などで決められており、スキルアップしていくとどんどん金額が上がっていく仕組みです。一般的には、初心者は文字単価0.4円〜1.2円程度とされています。

記事の内容については、恋愛・金融・健康・メンタルなど、種類が豊富です。

これまでの経験や趣味から、詳しい知識があるジャンルに絞って仕事を探せますので、自分の得意を活かせるでしょう。

校正・文字起こし

日本語や文章そのものに興味があるなら、さらに洗練された文に書き替える校正や、文字起こしの仕事もあります。

文字起こしは、映像や音声を見聞きして、文章に起こす作業です。
音声データの長さにもよりますが、1つの案件で数時間以上はかかるため、根気強く取り組める方におすすめと言えます。

校正は誤字脱字・誤植のチェックや修正を行う仕事です。

いずれも単調な作業ではあるものの、高い集中力が求められます。
ひとりで黙々と作業するのが好きな方にはぴったりかもしれません。

3-3.未経験でも稼ぎやすい在宅ワーク

得意なことがなく、特別なスキルもない方には、こんな在宅ワークもあります。

どちらも資格が不要で今日からでもチャレンジできますよ。

電話スタッフ

電話スタッフは、個人の顧客や企業に営業の電話をかけて成約を取ったり、サポートしたりする仕事です。

<電話スタッフの仕事例>

・顧客リストを元に電話をかけて商品やサービスの紹介をする
・顧客からかかってきた電話を受けて、電話上でサポートする
・顧客から話を聞くだけの相談係

報酬の仕組みは、時間や電話をかけた件数など、仕事先によって異なります。

過去に営業や接客業、コールセンターなどで働いた経験がある人は成果を出しやすいでしょう。
多くの企業でマニュアルが用意されているため、もちろん未経験の人でもすぐに仕事を始められます。

静かな環境でまとまった時間を確保できるなら、作業もしやすく、月に数万円以上稼ぐことも可能でしょう。

ライバー(ライブ配信)

Pococha(ポコチャ)公式サイト – ライブコミュニケーションアプリ

ライバーは、ライブ配信アプリやサイトを通して、自分のことを発信しながら稼ぐ仕事です。YouTubeよりも手間がかからず、スマホさえあればすぐに始められるお手軽さで、近年注目を集めています。

雑談やカラオケ、料理など自分の好きなことを活かした内容を自由に発信できるため、在宅ワーク未経験の初心者でも参入しやすいです。

自分のライブ配信を見てファンになってくれる人とコミュニケーションを取りながら、課金アイテムをもらって稼いでいきます。

毎日決まった時間に配信できれば、始めてから数カ月程度で、月に数万円以上は得られるでしょう。人気ライバーともなれば、主婦でも社会人月収を超える方も。

また、主婦業で人との交流が減ってきた方には、とても新鮮で楽しい仕事とも言えるでしょう。

これといった特技もなく、うまく話せるか不安な方は、ライバー事務所に所属してアドバイスをもらいながら始めてみるのもおすすめです。

3-4.これまでのスキルや経験を活かせる在宅ワーク

もし、これまでの仕事で専門的な資格やスキルを持っているなら、それらを活かせる仕事もありますよ。

最後に、在宅ワークで人気の専門的な仕事を紹介いたします。

翻訳

英語をはじめ、外国語の知識がある方には、翻訳の在宅ワークがおすすめです。

海外の記事や書籍・論文を翻訳して日本語にする仕事だけでなく、近年ではYouTubeや通販サイトの翻訳作業もあります。
英語以外の外国語が使える人には、高い報酬が設定されているケースもあるでしょう。

また、家でコツコツと作業を進められる翻訳なら、主婦の方でも自分の自由時間を使ってキャリアを再開できるかもしれません。

在宅事務

事務職や秘書業務に従事していた方なら、在宅事務の仕事もあります。
在宅事務は、企業の事務作業をオンラインで代行する仕事です。

<在宅事務の仕事例>

・請求書や領収書の作成
・メールの作成・返信
・ワードやエクセル・パワーポイントなどを使った資料の作成
・顧客のスケジュール管理 など

エクセルなどパソコンスキルがあり、ある程度のビジネスマナーを持っている方なら、力になれる仕事が多くあるでしょう。

報酬は、作業内容によって大きく異なります。
なかには、時給制や固定報酬としている企業もあるため、家事や育児を優先するのが難しい場合は注意しましょう。

オンライン家庭教師

オンラインでできる家庭教師や英会話講師の仕事も増えてきています。
もし教員免許を持っていたり、塾講師の経験があったりするなら、その経験を活かしてすぐに仕事を始められるでしょう。

ただし、対面での指導とは異なり、オンラインでは生徒とのコミュニケーションがうまく取れず、授業がスムーズにいかないケースも。それでも子どもが好きで、教える仕事がしたいなら、充実感も得られるためおすすめです。

報酬は時給制になっていることが多く、1,000〜2,000円程度とこれまでの経験に応じて変動します。

Webデザイン

Webデザインの仕事も需要が高まっており、注目されています。
デザインやイラスト制作の経験がある方ならもちろん、趣味で勉強している方でも対応できる仕事は多いでしょう。

企業のホームページ制作や、SNSアイコンの作成など、得意ジャンルを活かした仕事を選ぶのが良さそうです。

報酬は、案件によって大きく変わるものの、実績を積んでいけば数万円〜数十万円の仕事を獲得することも可能でしょう。

動画編集

YouTubeや広告動画、最近ではInstagramのリール動画など、多くの場面で動画編集者が求められています。動画編集ソフトを持っている人なら、すぐにでも対応できる案件に出会えそうです。

また、動画撮影や字幕・効果音入れだけでなく、原稿を読み上げる声優のような仕事もあります。過去の仕事や趣味を活かした、やりがいのある「ものづくり」がしたい人にはおすすめです。

報酬は、1動画につき数千円〜1万円程度が相場となっています。
経験者で品質の高い仕事ができれば、月に15万円程度稼ぐことも可能でしょう。

4.主婦が在宅ワークをする際の注意点

最後に、主婦が在宅ワークをする際に気をつけておくべきことを解説します。

在宅ワークを始める前に、必ず確認しておきましょう。

4-1.仕事と家事を両立できるように自己管理する

主婦の方は、忙しい生活を送っているケースが多いと思います。
そのため、新たに仕事を増やして、今の生活リズムが乱れないように自己管理をきちんとしましょう。

自分のキャパシティを超える仕事は受注しないことをおすすめします。

また、家事や育児で作業が中断することも想定し、余裕を持った作業計画にすることが大切です。作業時間も、なるべく生活に負担をかけないよう工夫してみましょう。

そして、時間がないからと、単純な軽作業以外の仕事を「ながらワーク」するのはおすすめしません。頭を使う作業を家事の片手間で行うと、仕事の品質を下げてしまうからです。

集中して作業できないとかえって時間もかかりますし、焦って納期に間に合わなくなる可能性も出てきます。

家事と仕事、どちらも余裕を持って取り組めるように仕事量や時間を調整しましょう。

4-2.収入額によって社会保険料や税金の負担が発生する場合がある

主婦の方は、ご主人の扶養家族になっている場合も多いでしょう。

そのため、在宅ワークで安定した収入を得ると、扶養から外れて社会保険料や所得税などの税金を支払う義務が発生します。せっかく稼いだお金も、税金などの支払いで減ってしまうかもしれません。

ちなみに、所得税の場合は年間38万円、住民税は年間33万円の所得を得ると、確定申告が必要で課税対象となってしまいます。

主婦の方は、自分が稼ぐ金額をあらかじめ想定し、課税額をふまえて必要に応じて仕事を調整していく必要があるでしょう。

主婦の方も多数活躍中!PRIMEと一緒にライバーを始めてみませんか?

主婦の方におすすめの在宅ワークを紹介いたしました。

在宅ワークとひとくちにいっても、その種類はさまざまです。
これまでのキャリアを活かして専門的な仕事をしてもよいですし、全く新しいジャンルに飛び込んでみるのも楽しそうですね!

しかし、特別なスキルや資格がなく、何から始めたらいいか悩んでいるなら、まずはスマホ1台で気軽に始められる仕事はいかがでしょうか?

中でも、人との関わりも持てて、生きがいにもなる「ライバー」は特におすすめです。
ライバーは、自分ひとりで始めなくても、事務所に所属すれば稼ぐためのノウハウを教わりながら配信できます。

PRIMEにも、未経験でライバーを始めた主婦の方が多数所属しています!
在宅ワークデビューの第一歩をPRIMEと一緒に歩んでみませんか?

キラキラと楽しく働くための未来づくりを全力でサポートいたします。
気になる質問にも丁寧に回答しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です