スマホだけで安全にできる在宅ワークをご紹介!選び方や注意点も解説

「スマホで気軽に稼げたらいいのにな」
「在宅ワークには興味があるけど、パソコン持ってないし」
「スマホで在宅ワークしようと思ったらどんなものがあるんだろう」

いまや家で働くのが、当たり前の時代になってきました。
周囲で在宅ワークを始めた人や、在宅で稼いでいる人を見ると「自分もやってみたい」という気持ちが湧いてきますよね。

しかし、在宅ワークには多くの種類があり、オンライン上で仕事のやり取りをすることに不安を感じる方もいるでしょう。

そこで、この記事ではスマホで在宅ワークを始めたい方にむけて、種類や選び方を徹底解説していきます!
注意点もお話ししますので、ぜひ在宅ワークを始める前に知っておきましょう。スマホを使った在宅ワークで「稼ぐ未来」を作るとっておきの方法がわかります!

1.スマホだけでできる安全な在宅ワークの選び方

スマホだけで在宅ワークを始めようと思っても、どうやって選べばよいかわかりませんよね。

仕事の種類を知る前に、まずは安全な仕事を選ぶための方法を学びましょう!

実績がある大手サイトを利用する

在宅ワークを探す場所として、求人サイトやクラウドソーシングサービスを利用する方もいるでしょう。
クラウドソーシングサービスとは、オンライン上で不特定多数の人に仕事を依頼したり、仕事を受注したりできるサービスのことです。

しかし、これらの中には怪しい企業も紛れ込んでいます。
そのため、例えばクラウドワークスやランサーズといった有名なサイトや大手サイトにしぼって利用するのがおすすめです。

大手サイトを利用するメリット

・登録者が多いため、安心して利用できる
・報酬を前払いしてもらえるサービスもあるため、報酬未払いの心配を軽減できる
・仕事時のトラブルをサポートしてもらえる
・悪質業者を取り締まる監視システムを持っている

反対にあまり聞いたことがないサイトの場合は、実績が少なく(もしくは公開していない)、詐欺業者の可能性もありますので気をつけましょう。

仕事内容や報酬の支払い条件が明確

次に、在宅ワークの詳細や報酬に関する情報がきちんと載っているかをチェックします。

チェックすること

・仕事はどんな流れでおこなうのか
・何のための作業なのか
・報酬はどのタイミングでいくら支払われるのか
・仕事をする人とのやり取りはどんな方法でおこなうのか
・契約書や機密保持などへの同意は求められているか

具体的な内容が公表されていなかったり、作業開始したら違う内容に変わったりする仕事は、危険です。詐欺業者の作業を手伝わされるかもしれません。

真面目に仕事をしていたつもりが、いつのまにか犯罪者のサポートをしていたなんてことも起こり得ます。
サイトや取引先の情報を隅々まで確認して、疑問点が多く湧いてくるものには、関わらないほうが賢明です。

運営者情報が明記されている

利用するサイトや仕事相手に関する情報が十分に提供されているか、を確認しておくことも重要です。

仕事先とは、基本的にインターネットを通じて取引します。相手の情報が不透明だと、実在する企業なのか、もしくは架空の名前だけ載せている企業なのかがわかりません。
もし、連絡先や運営元の情報がはっきりしていない場合は、何かトラブルが発生しても連絡が取れない可能性があります。

ちなみに法人の場合には、連絡先を載せるのが法律で定められていますので、その時点で危険な取引先だと認識できるでしょう。
仕事内容だけでなく、企業情報や仕事相手の情報もよく調べておいて損はありません。

仕事が始まる前に費用が発生しない

また、仕事を始める前に、こちらが別途費用を負担するものは選ばないようにしましょう。
たとえば、初期登録費用や年会費、商品の購入費など。

通常の求人サイトやクラウドソーシングでは、仕事前に支払いを求められることはまずありません。

報酬をもらう前にこちらに支払いの要求をしてくるサイトや取引先は、あなたのお金をだまし取ろうとする詐欺かもしれません。
条件が良くても仕事前にお金がかかる案件は、要注意です。

過剰な宣伝を行っていない

在宅ワークを始める際は、だれもが不安を持っています。そんな初心者の感情を利用して、巧みに怪しいサイトへ誘導してくる詐欺も横行しています。

たとえば以下のような文言を見かけたら注意しましょう。

  • 未経験・誰でもすぐに稼げます!
  • 初心者でも必ず月20万円達成!
  • 超かんたん!たった数分で◯万円!

在宅ワークを始めたばかりの頃は、わからないことだらけで誰かに教えてほしい気持ちが湧いてきます。
しかし、どの人も最初のつらい部分を乗りこえ、コツコツ努力と実績を積み上げながらお金を稼いでいるのです。甘い誘い文句には流されないようにしましょう。

在宅ワークは、自力で着実にレベルアップしようと思う姿勢が大切です。

2.スマホだけでできるおすすめ在宅ワーク

では、ここからはスマホだけで始められる在宅ワークを実際に見てみましょう。
どれが自分に向いていそうか、考えながら読んでみてくださいね。

フリマアプリ

まずは、もっともかんたんに始められる「フリマアプリ」です。
フリマアプリは、いらなくなったものをネットで売るだけのシンプルな仕事。普通ならゴミとして処分するものも、お金に替えられるとして話題になっています。

フリマアプリでよく売られているもの

・着なくなった衣類
・書籍やCD/DVD
・ゲーム
・楽器 など

大手企業がスマホで気軽に出品できるサービスをスタートしていますので、今すぐにでも始められるのが嬉しいですね。

近年では、バーコードの写真を撮影するだけでそのまま出品が完了するサービスもあります。
始めはおこづかい稼ぎで始めたつもりでも、運用次第では本業にできるほど稼げる可能性もあるのです。

アンケートモニター

アンケートモニターは、商品を使用した感想や日常生活の悩みなどをアンケート方式で答える仕事です。
企業と直接やりとりするのではなく、多くはアンケートサイトやクラウドソーシングサイトを経由しておこないます。大手企業が間に入ってくれる場合が多いため、安心して参加できるでしょう。

また、特定の商品についてのアンケートなら、事前に商品を送ってもらえたり、購入代金を保証してくれたりすることも。
興味のある商品をお得に試せるとして、節約家の人にも人気な仕事です。

アンケート単価は数円~数百円と安いものの、数をこなせば月に数千~数万円と稼いでいけるでしょう。
新しいものが好きな人、短いスキマ時間でコツコツと稼ぎたい人におすすめです。

写真販売

また、自分が撮った写真を加工、販売する仕事もあります。

写真は1枚売れると1,000〜5,000円で、多くの枚数を売れば、その分報酬も増えていく仕組みです。カメラが好きで、スマホで撮影する機会が多いなら、ピッタリの仕事かもしれません。

ただし、より売れる写真を作るには、どこで使われるのかを想定して撮影する必要があります。
たとえば、広告やウェブサイトのイメージ画像などです。撮影の構図や光の当たり具合、色合いなどをこまかく調整します。

また、写真の加工技術も問われますので、Adobe(アドビ)などの画像編集ソフトを使えると差別化できるかもしれません。

スマホアプリを通してそのまま販売できるプラットフォームもありますので、これらを活用してみるのもよいでしょう。

テレアポ

テレアポは、あらかじめ用意されたマニュアルや顧客リストを元に、電話をかけて訪問や商品販売の営業をする仕事です。顧客から成約が取れると報酬が入るしくみが一般的ですが、電話するだけでお金がもらえる案件もなかにはあります。

多くの顧客に電話をかけて、成約が取れるようになれば、本業並みに稼げることもあるでしょう。人と関わる仕事が好きな人や、営業力を磨きたい人におすすめです。

ただし、マニュアルを読み上げるだけでなく、丁寧な言葉遣いであったり、成約が取れるようにトークを工夫したりなど経験とスキルが求められるでしょう。

ライブ配信(ライバー)

最後に、ライバーとしてライブ配信を行う在宅ワーク。

ライブ配信は、スマホアプリを通してユーザーと楽しく交流しながら報酬がもらえる仕事です。大手企業が運営しているサービスも多く、視聴者とのやり取りや報酬の管理もサポートしてもらえるため安心して配信できます。

また、ライブ配信と聞くと、撮影・配信環境を整えるのに大変なイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実は、初期投資はスマホだけで大丈夫です。
ただし厳密には、ライブ配信は顔出しでおこなう場合も多いため、自分の見栄えにこだわることも大切でしょう。

たとえば、両手が使えるようにスマホスタンドを用意したり、リングライトを置いて配信したりなど。
スマホスタンドは100円ショップでも購入できますので、すぐに用意できます。
リングライトは、有名ライバーや上位ランクのライバーの多くが使用していますが、稼げるまでは使用しなくても問題はありません。

配信が軌道に乗って人気ライバーになれると、在宅でも月に数十万円と稼いでいける可能性があります。

3.スマホで安全に在宅ワークを行うための注意点

スマホでできる在宅ワークを紹介しました。
しかし、よい面ばかりではありません。トラブルや危険に巻き込まれる可能性もあるのです。

最後に、在宅ワークを行うときに気をつけたいポイントを解説します。

個人情報の悪用に気をつける

まずは、在宅ワークで登録した個人情報を悪用されないように気をつけましょう。
悪質な取引先やサイトだと、教えた個人情報が以下のような別の目的で使われる可能性もあります。

  • 詐欺業者から営業の電話がかかってくる
  • 迷惑メールが大量に来る
  • 電話番号や氏名などを利用されて、勝手に商品契約(購入)などをされる など

アンケートなどでは、個人のことを詳しく入力する場面もあるかもしれません。
しかし、仕事内容とは関係のない情報を聞き出されることなどがあったら、怪しいと疑ったほうがよいでしょう。

メールアドレスは日常で使っているものではなく、別のフリーアドレスや捨てアドレスを使うのもおすすめです。

高額な費用の請求は詐欺の可能性も

次に、お金をだまし取られる可能性についてです。

在宅ワークを始めるにあたって、紹介料や登録料、教材費、商品代金を請求してくる場合は、詐欺の可能性があります。これまで紹介した在宅ワークは、お金をかけずに始められるものがほとんどです。

報酬以上の金額を請求してきたり、別のサービスに誘導して入会させられたりしたときは、危険ですのですぐに断ってください。

ただし、クラウドソーシングを利用する場合は、運営側から10〜20%程度の手数料が引かれます。報酬額よりも手取りが少なくなるサイトもあると知っておきましょう。

報酬が支払われないトラブルに注意

そして、仕事をしてもすぐにお金がもらえないケースもあります。
たとえば、アンケートやクラウドソーシング経由の仕事は、多くの場合、一定の基準額に達しないと振り込みや換金ができません。

報酬支払い条件の例

・2,000ポイントたまると換金対応OK
・報酬額1,000円以上で出金可能 など

仕事を始める前に、いくら分の仕事をすれば手元に振り込まれるのかをよく確認しておきましょう。

また、なかには仕事をしたのに、仕事相手が支払いに応じないパターンもあります。自分ではきちんと対応したつもりでも、取引先の求める結果に至らなかったり、純粋に支払い対応を忘れていたりすると、報酬がもらえないかもしれません。

いずれの場合も、こちらから取引先に問い合わせをして、現在の仕事状況を確認しましょう。あなたの仕事内容に不満を抱えていた場合は、修正対応するなどして、相手の条件を満たす働きをします。

もし、条件通りに仕事を完遂しても支払われないときは、サイトやサービスの運営元に報告・相談して対応してもらいましょう。

ライブ配信の在宅ワークならPocochaがおすすめ

スマホでできる在宅ワークを紹介しました。
これまで紹介した中で、特別なスキルや道具が不要なのにお金を稼げる可能性が高いのが「ライブ配信」です。

年齢や過去の職業・居住環境を問わず、スマホさえあれば、今日からでも始められます。

ライブ配信で自分のファンができると、モチベーションも上がりますし、楽しみながら仕事ができますよ。また、今後の生きがいにつながる大きな経験になるかもしれません。

ライブ配信アプリはさまざまですが、初心者におすすめなのが「Pococha」です。
Pocochaは、完全無料で始められ、ライバーとして人気が出るとイベントやテレビCMなどにも参加するチャンスがあります。

スマホを使った在宅ワークを考えているなら、楽しみながら稼げるPocochaを活用してみてはいかがでしょうか?
自分の新しい一面を知るよい機会になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です