新youtubeライブの配信方法!具体的な3つのやり方・準備する機材やソフトを写真付きで解説

YouTubeのやり方

私ってYouTubeLIVEできるの?

Youtubeライブをやってみたいけど、何から準備したらいいの?

YouTubeライブは、条件を満たせば誰でも使えるサービスです。

また、通常のYouTube動画投稿のように、編集が必要がありません。

YouTubeライブ配信を実施すれば、視聴者から投げ銭をもらえるチャンスが生まれます。

還元率も比較的高いため、既にファンが一定数いるようなクリエイターであれば使わない手はありません。

この記事では、YouTubeライブを実際にやってみたいと思った時に、「何から始めたらよいかわからない」「複雑そうでイマイチ手を付けられない」人向けに、

YouTubeライブのやり方をご紹介します。

YouTubeライブを行える人の3つの条件

  1. チャンネルが確認済(電話番号を登録しておくこと)
    →Googleアカウント作成:https://www.google.com/accounts/NewAccount?hl=ja
    →Youtubeチャンネル登録画面:https://www.youtube.com/verify
  2. ライブ配信を有効化する
    →チャンネル登録完了後、事前にライブ配信を有効化しておく必要があります。
  3. 過去90日に何らかの制限をうけていないこと
注意
ライブ配信を有効化していないとこのような画面が出てしまいます。ライブ配信予定日の前日から準備しておく必要があります。当日、事前準備なしでライブ配信をYouTubeで行いたい場合は諦めざるを得ません。別のプラットフォームを利用するしかなさそうです。

モバイルでの配信条件

スマフォでライブ配信を行なうには、チャンネル登録者数が1,000人以上である必要があります。

配信可能な内容かどうか

配信可能な内容としては、YouTubeのコミュニティ・ガイドライン利用規約にに違反していないかどうかが見られます。

もし、違反している場合、年齢制限がかかったり、削除されたりする場合があります。

Youtubeライブするための準備(必要なもの・あればより良いもの)

必須

  • Youtubeのアカウント(認証済)
  • デバイス(PC or スマフォ)

よりこだわりだければ

  • マイクやウェブカメラなどの周辺機器
  • 配信ソフト(obs等)

なければならないもの

→Googleアカウント作成:https://www.google.com/accounts/NewAccount?hl=ja
→Youtubeチャンネル登録画面:https://www.youtube.com/verify

PCも一定のスペックは必要でしょう。

特にゲーム実況をする場合、ゲームを起動させながら配信することになるので、耐えうるハイスペックのPCで配信することが理想です。

PC内臓のウェブカメラがなければ、別途取り付け用の機材を購入する必要があります。

3,000円〜30,000円の範囲内で購入できます。

おすすめのメーカーは「Logicool 」「ELEGIANT」です。

よりこだわりたければ用意したい機材

おすすめウェブカメラ

初心者にはウェブカメラが推奨されています。おすすめのメーカーは「Logicool 」「ELEGIANT」です。

こだわりたければ約20,000円ほどしますが、Logitech C922 Pro Stream Webcamを推奨します。

三脚に取り付けられるタイプのウェブカメラを選んでおくと、後々いろんな角度で撮りたいとなった時に便利です。

更に映像にこだわりたい場合はビデオカメラや一眼レフを

必ずHDMIのライブビュー出力がついているものをお選びください。

おすすめマイク

ダイナミックマイク(手軽に使えるマイク)

コスパ・・・SHURE ダイナミック マイクロフォン BETA58A-X 【国内正規品】

高級・・・AUDIX ボーカル向け ダイナミックマイク ハイパーカーディオイド テレワーク/在宅勤務 OM6

コンデンサーマイク(高音質)

コスパ・・・ソニー エレクトレットコンデンサーマイクロホン PC/ゲーム用 PCV80U ECM-PCV80U

高級・・・HyperX QuadCast スタンドアロンマイク

スイッチャー(映像を切り替えるための機材)

ROLAND V-02HD スケーラー内蔵 2CH ビデオスイッチャー

  • OBS – 無料
    →初心者は基本OBS。Googleも推奨。
  • XSplit– 無料(制限あり)
    →OBSの機能だけでは不満であれば使用推奨
  • Streamlabs OBS – 無料

配信ソフトを利用すれば、YouTubeライブをより飾り付けすることができます。

Youtubeヘルプ – エンコーダでライブ配信を作成する

YouTubeでライブ配信を行う!3つの方法

  1. ウェブカメラ(PC)
  2. モバイル デバイス(スマフォ)
  3. 中・上級者向け→エンコーダを使う(ストリーミングソフトウェアまたはハードウェアエンコーダ)

※スマフォの場合、チャンネル登録者が1,000人必要なので注意です。

1.ウェブカメラでの方法

一番簡単にライブ配信する方法は、PCで既に実装されているウェブカメラとマイクを使う方法です。

まるでZOOM会議を行なうように、簡単に生配信できます。

※PCでの解説になります

右上の動画+のアイコンをタップ
YouTubeライブやり方

ライブ配信を開始をクリック

今すぐ→開始をクリック
配信の方法を選択

上部の内蔵ウェブカメラを選択します。

カメラとマイクへのアクセスを許可する

タイトル・・・配信の概要がわかるタイトルを入力

後でスケジュールを設定・・・イベントやセミナー開催の場合、先に配信設定だけ完了させておくと配信画面を公開できます。

視聴者・・・子供向けかどうかを設定しなければなりません

年齢制限・・・18歳以上の配信かどうかを設定します。年齢制限を実施した場合、収益化はできません。

その他オプション・・・概要欄、配信カテゴリ、使用カメラ、マイクの設定が可能です。

サムネ用の写真を撮影

PC内にあるフォルダからアップロードも可能です。

終了の際はボタンを押す

終了したライブ配信はSTUDIOで編集→公開できます。

2.スマフォでの配信方法

スマフォもしくはタブレットでアプリを開く

ほとんどの方は既にDLされているかと思いますが、「ユーチューブアプリ」が必要になります。

ダウンロードリンク
IOS・・・https://apps.apple.com/jp/app/youtube/id544007664
Android・・・https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.youtube&hl=ja

右上のアイコン 【ライブ配信を開始】をタップ

ライブ配信を初めて実施する場合、ライブ配信を有効にしなければなりません。ライブ配信を初めて有効にする場合、最大24時間かかるかもしれません。

有効になっている場合は、即座にライブ配信を行えます。

3.エンコーダーを使っての配信方法

エンコーダとは、カメラやマイクから拾った音源や映像をYouTubeライブ用に変換すること。

エンコーダーを利用すれば、ライブ配信にエフェクトを追加することが出来ます。

エンコーダーを使用するシーンとしてはゲーム実況や、スポーツイベントやコンサート、セミナー、会議などで使用されます。

エンコーダーを介せば、各種ハードウェア(アンプ、マイク、カメラなど)を接続できます。

YouTubeヘルプを見ると、やり方が具体的に分かりやすく書かれてます。

YouTubeヘルプが推奨しているエンコーダーリストもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

エンコーダでライブ配信を作成する-Youtubeヘルプ

エンコーダーを使ってYouTubeライブでゲーム実況する方法

ゲーム実況の設定方法は【YouTube Live】初めて生放送でゲーム配信したい人向けの入門ガイド にて詳しく記載されておりましたので、参考にしてみてください。

必要な物
・ゲーム機
・エンコーダー(配信ソフト)
・キャプチャーボード
・(スマフォなら)ミラーリングソフト

細かい設定方法

複数人でYouTubeライブで配信したい

ZOOMで配信する方法がありました。ただしいくつか注意点があるみたいですので、留意しなければなりません。

Zoom→YouTubeライブ配信やってみた!注意点満載

同時にいくつかのプラットフォームへ配信したい

Restream.ioを利用すれば、様々な配信プラットフォームから同時に配信できます。

Restream.ioからフェイスブック、ユーチューブなどに同時に配信できます。

ただし、有料課金が必要なプラットフォームもありますので、本格的に使いたい方は料金が発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です